Top
 音質と技術背景
 音質比較
 技術課題の解決
 技術詳細
 お客様の声
 Q&A
Product
オーディオケーブル
スピーカーケーブル
RCAラインケーブル
XLRラインケーブル
デジタルケーブル
TRS phoneケーブル
 その他ケーブル
 ご注文方法 
 お問い合わせ
 工房案内
 リンク集
 製作日記  



 本サイトにはオーディオシステムの忠実性を向上させるあらゆる技術を掲載しています。中でも紹介させていただきますラダー型オーディオケーブルは、特許技術として査定され 現在お使いのオーディオシステムの忠実性向上を担保いたします。納得のいくまで滞在ください。
特許番号:第3753431号
製造:日本国



Pure Audio Components PAT3753431
Ladder-type audio cable
The world's first patent assessments, Ultra high resolution ladder-type audio cable
PAT3753431 The ladder type audio cable is registered with the Patent Office
marucho engineering

そこそこの性能なんて要らない

圧倒的な高解像度を担保できるには明解な理由があります

Ultra high resolution ladder-type audio cable





ladder-type audio cable PAT3753431


  GWも通常業務です
   

お客様の声追加しました
 ラダー型その他ケーブル追加しました
 お客様の声追加しました
 お客様の声追加しました
 TRSフォンケーブル更新しました
お客様の声追加しましたBL型8段ラダーRCAケーブル
ご注文方法更新しました
試聴案内更新しました 
お客様の声追加しました
お客様の声追加しました (フォノケーブル)
BL型スピーカーケーブル6m試聴機ができました
アナログレコードファン必聴 5pinフォノケーブル発売 
BL型8段ラダースピーカーケーブル
BL型8段ラダーRCAラインケーブル

 Ladder-type audio cable 
Ladder type rca line cable Ladder type speaker cable
Ladder type xlr balance cable Ladder type digital cable
Ladder type power cable Ladder type Phono cable

スピーカーケーブル RCAラインケーブル XLRバランスケーブル デジタル信号伝送ケーブル TRSその他のケーブル

Pure Audio Components PAT3753431 Ladder-type audio cable
■ラダー型オーディオケーブルは、全てのオーディオケーブルが本質的に持っているマイナス要因を排除することに徹した技術思想から生まれ、2005年特許として査定された、はしご型構造を特徴とするオーディオケーブルです。
■オーディオケーブルが持っている固有の音色は絶縁体特有の特異な性質にあり、誘電体歪と呼ばれています。
同軸ケーブルを梯子状に組み上げることによりオーディオケーブル固有音を極限まで排除することが可能となりました。
1&2:シース
3:固定具
4:梯子線
7:中心導体絶縁物A
8:中心導体絶縁物B
9:外部導体絶縁物C

上:線路ホットライン
下:線路グランドライン
左:信号源側
右:負荷側
 
梯子型線路音響ケーブル基本構造図
■上図は3段梯子型オーディオケーブルの基本構造図
上図左が信号源側、右が負荷側。上がホットライン、下がグランドライン(閉回路の基準電位)となります。
オーディオケーブルが延々と長い場合、上図はしご構造が延々と続く構造です。
■梯子型オーディオケーブルは 絶縁物(絶縁体)から発生するケーブル固有音(誘電体歪音)が梯子の段数に反比例し、結果的にオーディオケーブルが持つ固有音が桁違いに減少する構造です。
■基本構造図はさらに進化を遂げ、高解像度高忠実性を有するオーディオケーブル製品として発売しています。
導体軸方向分割絶縁体構造シールド線
本線路構造は単体においても高い忠実性を有していますが、ラダー構造との組み合わせにより付帯音排除に極めて有効に働き、ラダー型ケーブルを不動のものにしています。
本技術はサイトにてご紹介していますラダー型オーディオケーブル全製品に採用しています。
■ラダー型構造の用途:
スピーカーケーブル ラインケーブル ヘッドフォンケーブル デジタルケーブル カーオーディオ ホームシアターその他正負非対称で周期性を有しない信号伝送線路。
■音質改善効果:オーディオアンプ、CDプレーヤー、スピーカー等オーディオシステムが有する解像度向上と音質改善効果。
■使用可能範囲:
楽器ギターケーブル バッチコード スピーカーケーブル  録音スタジオ コンサートホール ホームシアターシステム カーオーディオ
■開発時に使用した導電体素材:
銀 銅(軟銅線) 結晶構造導体(PCOCC LCOFC 5N 7N) メッキ材(錫メッキ 銀メッキ 金メッキ 銅メッキ)
■開発時に使用した絶縁体素材:
ポリエチレン テフロン 塩化ビニール 松脂(ロジン) 発泡ポリエチレン ゴム シリコーン パラフィン
■開発時に使用した主な音響機器メーカー名及びブランド名「アンプ スピーカー CDプレーヤー 測定器 ケーブル 試作部材など含む」:(順不同 敬称略)
オーディオテクニカ ベルデン(belden) モンスターケーブル (monster cable) アクロリンク(acrolink) AET オーディオクラフト オーディオクエスト サエク デノン(denon ) フォステクス(fostex) IXOS JBL キンバーケーブル(kimber kable) カルダス(Cardas Audio) ワイヤーワールド(WIREWORLD) モガミ電線(mogami) リン(LINN) ラックスマン(luxman) MIT モニターPC(monitor) オルトフォン(ortofon) シュアー ローランド タンノイ(tannoy) ディアック(エソテリック) SME ダイヤトーン B&W アクロテック(acrotec) ヴァンデンハル(van.den.hul) ソニー(sony) パイオニア(pioneer) オンキョー(onkyo) ヤマハ(yamaha) ビクター ケンウッド マランツ(marantz) アキュフェーズ(accuphase) フィリップス ボーズ(bose) サンスイ(sansui) アルティック(altec) マッキントッシュ WE フジクラ カナレ 三菱 ジャパンエナジー 住友 日立 シャープ パナソニック(ラムサ) 平田電機製作所(タンゴ) 日本バーブラウン
■開発時に使用した主なデジタルアナログ音響機器:
CDプレーヤー スーパーオーディオCD DAコンバータ CDトランスポート LPレコードプレーヤー コンデンサースピーカー ダイナミック型スピーカー ホーンドライバー MCカートリッジ MMカートリッジ マイクロフォン オーディオ用PA用各種アンプ、ミキサー ヘッドフォン 電気楽器


オーディオシステムの音質変化と忠実性に関する研究と技術詳細

  • オーディオケーブル内部で生じる誘電体歪が積算されないケーブル構造に関する
  • デジタル信号伝送時における絶縁体が受ける歪の減少技術に関する
  • 音声変換装置逆起電力対応次世代ラダー型線路の製造技術に関する
  • 正負非対称で周期性を有しない波形伝送時におけるオーディオケーブル内部で生じる誘電体歪に関する
  • オーディオケーブル構造とオーディオケーブル動特性計測に関する
  • オーディオシステムのグランド電位変動と伝送ケーブル構造に関する
  • オーディオケーブルにおける絶縁体特性と聴感音質との関連性に関する
  • 音響機器グランド電位変動電流に起因するオーディオケーブル絶縁体内部で生じる誘電体歪減少構造に関する
  • オーディオケーブル導体に印加される電圧に起因するケーブル内部で生じる誘電体歪減少構造に関する
  • オーディオケーブル導体に流れる負荷電流に起因するケーブル内部で生じる誘電体歪減少構造に関する
  • オーディオケーブル絶縁体表面及び大気との接触面で生じる誘電体歪に起因する音質劣化に関する
  • オーディオケーブル導体と絶縁体との接触面で生じる誘電体歪に起因する音質劣化に関する
  • オーディオシステムにおける音質劣化と誘電体歪に関する
  • オーディオシステムにおける音質劣化と構造に関する
  • 大地電位とオーディオケーブルグランド電位変動に起因する音質劣化改善に関する
  • オーディオケーブル誘電体歪による音質劣化改善方法に関する

オーディオケーブル及びオーディオ製品の製造販売に関する

  • ラダー型オーディオケーブルの製造販売に関する
  • 分割絶縁構造絶縁電線の製造販売に関する
  • 分割絶縁構造シールド線の製造販売に関する
  • デジタルオーディオ機器及びアナログオーディオ機器の音質向上関連製品開発販売に関する

オーディオ音質改善事例と音質改善方法 デジタルケーブル等の開発販売に関する

  • 車載音響システムオーディオケーブルに関する
  • デジタル信号伝送ケーブルに関する
  • 電子楽器、PA機器、録音スタジオ、コンサートホール等におけるオーディオケーブルに関する

製造元
マルチョウ・エンジニアリング
所在地:鳥取県米子市淀江町佐陀756番地
設計者:長谷川諭
本サイトでは、お読み頂くお客様にわかりやすくする目的で、部分的に表現方法や専門技術用語を置き換えて表現しています。詳しくは特許庁電子図書館、登録特許番号第3753431号明細書を参照ください。

ライセンス情報
特許番号/特許第3753431号
公開番号/特開2007-18739
出願番号/特開2005-195779
発明の名称/シールド線
ライセンスに関する登録情報は
開放特許情報データベース
技術詳細は特許情報プラットフォーム
●特許流通DB登録番号:L2006006598
●実施権:許諾(譲渡:不可)
●技術指導:有
●実施実績:有
●事業化実績:有
●実施権許諾実績:有
特許実施許諾問い合わせ先:鳥取県産業振興機構特許流通アドバイザーまで
公開広報JPB_0003753431.pdf
特許流通ニュース 13ページ
ラダー型ケーブル誕生

ラダー型オーディオケーブル製造販売/インターネット通信販売元:マルチョウエンジニアリング


スピーカーケーブル RCAラインケーブル XLRバランスケーブル デジタル信号伝送ケーブル TRSその他のケーブル

There is no specific sound technologies to the world
The world's first patent assessments, Ultra high resolution ladder-type audio cable
PAT3753431 The ladder type audio cable is registered with the Patent Office
Address:Japan Tottori Prefecture Yonago City Yodoe-cho 756
Studio Name:Marucho engineering
Designer:satoshi hasegawa
Characteristics of ladder-type cable:
Result in a decrease in dielectric distortion, the audio fidelity improve the system
Existing audio products to increase product value
The analog signal transmission line can be applied to all, is an excellent general-purpose